プログラマ気分

メモや自分が思ったことを書く

<< DD_belatedPNG / jQuery.belatedPNG についてメモ的な | main | ソートの安定性に付いて >>

スポンサーサイト

2014.08.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|-|-|by スポンサードリンク

Mac で Opengazer にチャレンジ

2011.06.10 Friday

一応、起動に成功したということで、その手順を備忘録として書いています(と言っても、載っていた内容をそのまま試しただけですが)。起動後に関しては、残念ながら正常に動作していません。

Opengazer を簡単に説明すると、オープンソースの視線認識エンジンで、Web カメラで動作します。

約二年前にこの記事で注目していた Opengazer ですが、Linux/Mac で make も出来ずに放置状態でした。

そんな中、github にて Mac で動作するであろう Opengazer に関するレポジトリを発見。手順に従って試してみました。
https://github.com/vazexqi/OpenGazer

まずは MacPorts が必要な様なので、パッケージインストーラをダウンロードしてインストールします。

インストールが済んだら、次に make する上で必要なパッケージのインストールをターミナルから行います。 sudo port install vxl sudo port install opencv +python26 +qt4 +tbb sudo port install boost make するとエラーが出る場合があります。必要に応じて gtkmm をインストールしてください。 sudo port install gtkmm

ちなみにこれらのビルド、インストールにはかなりの時間を要します。また、qt4 のビルドにはかなりの容量が必要となるので要注意です。

各パッケージのインストールが終了したら、先ほどの github のレポジトリからファイルをダウンロードします。
【zipダウンロード】
https://github.com/vazexqi/OpenGazer/zipball/master

ターミナルから解凍したらディレクトリに移動して make を実行。無事成功すると opengazerHighGui が同ディレクトリ内に出力されます。再度ターミナルより下記のコードを実行すると Opengazer が起動します。 ./opengazerHighGui

キャプチャ:Opengazer

ちゃんと映りました。が、どうやら GUI が正常に動いていない様です。顔の認識などはうまくいくのですが、目線の学習を行う為にボタンをクリックしても何も反応しません。

なお、github からダウンロードしてきたファイルの中に Opengazer を使ったゲームが入っています。うまく動作するようになったら試してみたいところです。

Mac11:40comments(0)trackbacks(0)by ニノミヤ カズノリ

スポンサーサイト

2014.08.06 Wednesday

-|11:40-|-|by スポンサードリンク

コメント
コメントする









トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.

others
mobile
qrcode