プログラマ気分

メモや自分が思ったことを書く

<< 【FuelPHP】Fieldset_Field#add_rule を掘り下げる | main | 【FuelPHP】parser.php の extensions 設定について >>

スポンサーサイト

2014.08.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|-|-|by スポンサードリンク

【FuelPHP】parser.php で Smarty のデリミタが変更出来ない件について

2012.01.24 Tuesday

【追記】1.2 で以下の問題は修正されています。

これには明確な理由があります。例を挙げて説明します。

設定ですが、packages/parser/config 内の parser.php は何もいじりません。この parser.php を app/config 内にコピーし、ここに希望のデリミタを設定します。

本来はこれでデリミタの設定は完了のはずですが、残念ながら反映されません。実際にどの様に設定されているか確認してみます。

app/config/parser.php の設定は追加と言う形で、後ろにくっついてしまっています。

どの様に設定が扱われているか、packages/parser/classes/view/smarty.php を覗いてみます。
すると、デリミタの設定部分が下の様になっています。

これを見る限り、設定したデリミタの 0 と 1 の要素を読み込んでいる事が分かります。つまり、app/config/parser.php で設定した 2 と 3 は無視される訳です。

もし、どうしても Smarty のデリミタを変更したい場合は、大元の設定ファイルを変更する、または parser オブジェクトを直接変更する事になるかと思います。

【参考 URL】
» FuelPHP › Forums | General | Parser

PHP01:48comments(0)trackbacks(0)by ニノミヤ カズノリ

スポンサーサイト

2014.08.06 Wednesday

-|01:48-|-|by スポンサードリンク

コメント
コメントする









トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.

others
mobile
qrcode