プログラマ気分

メモや自分が思ったことを書く

<< 【FuelPHP】parser.php で Smarty のデリミタが変更出来ない件について | main | 【PHP】Gumroad API Client 作ってみた >>

スポンサーサイト

2014.08.06 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|-|-|by スポンサードリンク

【FuelPHP】parser.php の extensions 設定について

2012.01.29 Sunday

parser.php では、どの拡張子がどのテンプレートエンジンを使うかを設定できます。例えば、packages/parser/config/parser.php ではこの様に設定されています。

Smarty を愛用している事もあって、テンプレートを .smarty とするのは違和感があります。そこで、.tpl を View_Smarty に結びつく様にしてみます。

これで設定は完了です。次にテンプレートを読み込んでみます。

読み込む上で、下記二点に注意してください。

これらを踏まえて書いたソースはこちら

拡張子を省略しても、もちろん動作はします。
その場合は、各クラスの extension プロパティが適用されます。
View_Smarty の extension はデフォルトが "smarty" ですから、下記は welcome/index.smarty を読み込む事になります。

また、parser.php での拡張子の設定は、Parser¥View#forge でしか活かされません。このメソッドを使わず、自分でインスタンスを生成した場合は、全て自分で設定しなければなりません。

以下、設定例です。

PHP20:00comments(0)trackbacks(0)by ニノミヤ カズノリ

スポンサーサイト

2014.08.06 Wednesday

-|20:00-|-|by スポンサードリンク

コメント
コメントする









トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.

others
mobile
qrcode